海が好きだからこそ考えたい環境のこと

海でのスキューバーダイビングを経験すると、海の中から海の自然を見たことがあるからこそ、海の自然を大切にしたいと考える方は多いのではないでしょうか?

地球温暖化によって、本来いるはずのない海洋生物を自分の目で確認したり、今まで見ることができていた生き物が見ることができなくなっていたりなど、海の中で怒っている環境の変化を実際に目の当たりにすると、驚いてしまうこともあるかもしれません。

例えば、東京湾では、近年、東京湾にはないはずの暖かい海域にあるはずのサンゴ群が増えてきていたり、海藻が少なくなってきているなど、海の中でしかわからない環境の変化が進んできているといわれています。

ダイビングを通して、海の中で起こっている変化を感じ、地球環境について考える方も多いといわれています。

海の漂流ゴミや漂着ゴミ、海洋プラスチックなどの海洋ゴミ問題などは、地球規模で考えていかなければ解決できない問題です。

美しい海と海洋生物を守るためにできることに取り組んでいるダイバーたちは世界中にいます。海の美しさを知っているからこそ、海が好きだからこそ地球環境への取り組みについてできることを考えてみましょう。

東京都内で、スキューバーダイビングのことやPADIのCカードライセンス取得のことならお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから